人気ブログランキング |

丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2019年 07月 31日

空間の存在感

d0245357_00254469.jpg

深夜の公園

昼間の人々の活動のために設えられた空間であればこそ

無人となる深夜においては空間そのものの存在感が増し、心を波立たせる。






by ATELIER-K_98 | 2019-07-31 23:55 | 風景 | Comments(0)
2019年 07月 30日

『 ホモ・デウス 』

d0245357_10014885.jpg

前作『サピエンス全史』の続編。

太古からのサピエンスの発展は、あまたのイズムを消費しながら現在のコンピュータテクノロジーと融合した社会を作り上げた。

しかしそれらは人類の経験の蓄積の上に築かれたものではなく、単に生命がアルゴリズムに沿って反応した結果の集積であるとするならば、この先の人類は、AIという神と一体化した<ホモ・デウス>となる、という仮説。

ありそうに思えます・・・。

本書はこの仮説の前提となっている問いかけで終わっているのだが、バシャールなどが言う視点からすれば、さらに大きな話があるのかもしれない。

んーどうなるんでしょうねえ・・。(^^;




ユヴァル・ノア・ハラリ 著
柴田裕之 訳
河出書房新社
2018年




by ATELIER-K_98 | 2019-07-30 23:55 | | Comments(0)
2019年 07月 29日

現在の畑 190729

d0245357_23054535.jpg

昨日ようやくゴーヤのネットを整備した。(^^;

この暑さだと夕方にならないと作業ができない。

今年のキュウリは一本出来たきりで萎れてしまったので、もうこの際抜いておいた。

一方、反対側に植えたトマトがものすごく元気である。(^^)/


by ATELIER-K_98 | 2019-07-29 23:55 | | Comments(0)
2019年 07月 28日

植栽再生

d0245357_10295706.jpg

この前毛虫さんたちに食べられてしまった西賀茂の家・F邸のキンマサキの部分をやり替えました。

今回、賀茂川に面したデッキ回りは従前のレイランディをもう一列足して厚みを増し、マサキを植えていたところは芝生としています。

さらに北側のデッキを囲っている板塀の足元には、アベリアを植えました。

オリジナルの植栽計画からは少し変わりましたが、これもすっきりして、またデッキの囲われ感もキープ出来てよかったかと思います。(^^)

レイランディをどの程度に剪定・整形するかが次のテーマです。

建築と一体となって雰囲気をつくり出す緑の設計も面白いです。(^^)/


by ATELIER-K_98 | 2019-07-28 23:55 | アトリエ | Comments(0)
2019年 07月 27日

水の清らかさを感じる時間

d0245357_19151701.jpg

昨日の夜、閉店(とは言わないですが)ぎりぎりに今年も下鴨神社の御手洗祭へ。

危うく忘れるところでした。(^^;

今年は水が冷たかったです。

ご神水を頂くところで、ゼミFTKのOBで先日もWSの講評に来て頂いたK藤さんが神社サイドで働いておられてびっくり。(^^)

御手洗池で厄を流して頂き、去年頂いた神石をお返しして一安心。

また一年よろしくお願い致します。


by ATELIER-K_98 | 2019-07-27 23:55 | くらし | Comments(0)
2019年 07月 26日

” 強い ” 建築

d0245357_10300146.jpg

25日の午後には久しぶりに「京都国際会館」へ。

最近本も出ていましたね。

今まで見れてなかった会議室も全て見せて頂き、どうも有難うございました。

造形のコンセプトが随所に貫徹していて、改めて大谷さんの若々しい勢いと形への強い想いを感じる。

いろんな意味で今の時代には難しいつくり方ですが、それゆえに定期的に見るべき”強い”建築です。(^^;





by ATELIER-K_98 | 2019-07-26 23:55 | 建築 | Comments(0)
2019年 07月 25日

" 根付く" 建築

d0245357_10241283.jpg

今日はチェンマイ大学とのジョイントディグリー専攻の学生をつれて見学会。

午前中は、ゼミのアトリエFTKのOBでもあるY井建築設計事務所のMり(←無理やりやな)さんが設計された「本能小学校跡地の特養+堀川高校」へ。

丁寧に説明を頂いた後で、内部には入れなかったのだが「辻子」を通って見学。

京都において小学校は特別な意味を持つが、その跡地に新たな建築が建つことで、さらに地域に根付いた場所へと育っている。

地域住民の方々、行政、そして設計者が同じベクトルを共有した、稀有で幸せなプロジェクトだと感じた。

どうも有難うございました。

午後は宝ヶ池の「京都国際会館」へ。




by ATELIER-K_98 | 2019-07-25 23:55 | 建築 | Comments(0)
2019年 07月 24日

ガルーダブレンド

d0245357_00422679.jpg

山科にあるガルーダコーヒーさんの豆(ガルーダブレンド)を頂きました。

ブレンドなんですが、ややダークロースト(中深?)です。

しっかりした味ですが、スッキリして美味しいです。

お店も渋い感じで、是非伺いたいところです。(^^)





by ATELIER-K_98 | 2019-07-24 23:55 | コーヒー | Comments(0)
2019年 07月 23日

深化のプロセス

d0245357_08330609.jpg

一つの出来事は次の出来事をひき起こし、古いものに新しいものがつけ加えられる。

個々に見ればそれらはどちらも論理的な背景をもつ独立したものでありながら、相乗的に作用して新しい価値を生み出す。

都市の風景はそのようにして深まっていく。

という構図は政治の世界においても理想ですが、なかなかそのようにはなりまへんな。(^^;


by ATELIER-K_98 | 2019-07-23 23:55 | 都市 | Comments(0)
2019年 07月 22日

『 フロー体験 喜びの現象学 』

d0245357_09314303.jpg

何かに没頭しているとき、時間や空間の概念は消失し、いわゆる「フロー状態」が生じる。

そのようなフロー体験は、「いま・ここ」という瞬間に生きることを目指す禅の思想にも通じる。

どのようなことに向き合っているにせよ、フローな状態を感じられることが幸せへの道であろう。











チクセント・ミハイ 著
今村浩明 訳
世界思想社
1996年


by ATELIER-K_98 | 2019-07-22 23:55 | | Comments(0)