丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築( 114 )


2018年 04月 21日

長谷寺へ

d0245357_18240612.jpg

今日はゼミの春遠足で久しぶりに長谷寺へ。

折れ曲がりながら上がっていく登廊と、それを経てたどり着く本堂の舞台。

そのシークエンシャルな展開には、レベル差への対応という身体性への働きかけと限定から拡散への視覚的な変化、そして石段や木架構における時間性の表出といった多様で重要な価値が埋め込まれており、ランドスケープと建築の融合が堪能できる。

夏のようなのいいお天気で、京都へ帰ってからのビールがひときわ沁みたのは言うまでもない。(^^)/

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2018-04-21 23:55 | 建築 | Comments(0)
2018年 03月 07日

台中の洞窟空間

d0245357_10032424.jpg

台湾三日目の今日は高速鉄道で台中へ。

伊東さんの「台中国家歌劇院」は、いろんなところでかなり”村野さん”入ってました・・。(^^;

スケールの大きな洞窟状の空間は思っていたほど過激なものではなく、案外優しい感じがしました。

アンジュレーションと見え隠れが仕込まれた屋上庭園もなかなか面白いです。

タクシーで戻った台中市内では「春水道」で昼ごはんの後、警察学校をリノベした「台中文学館」を見て「第四信用合作社」でアイス、本家の「宮原眼科」でお土産のお菓子を買い、新幹線で台北へ戻り小籠包のお店で晩御飯。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2018-03-07 23:55 | 建築 | Comments(0)
2018年 01月 28日

建築の運命

d0245357_11291215.jpg

村野建築はいろんなところで解体されている現状だが、姫路のヤマトヤシキも事業の終了に伴い既にその使命を終えている。

村野が折にふれ語っていた「社会の中で機能してこそ建築である」という思想に基づけば、社会の変化に追随できず建築も姿を消していくことも、また自然なことか。

一方で、モノとしての価値や、風景の一端を担うものとして建築がはらんでいる多様な側面も重要である。

保存と再生について回る永遠のテーマか。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2018-01-28 23:55 | 建築 | Comments(0)
2018年 01月 23日

斬新なプロポーション

d0245357_09315503.jpg

年末に訪ねた高台寺の時雨亭

伝統建築の中に見られる斬新なプロポーション

開口部の取り合わせも絶妙なバランス

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2018-01-23 23:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 12月 08日

ルツェルン応用科学美術大学

d0245357_23225047.jpg

今日はルツェルンの大学で打合せ。

キャンパスは60年代の雰囲気がそのまま残っています。

街のスケールや湖との関係がすごくいいです。

ジャン・ヌーベルのコンサートホールの内部も見せて頂いて大感激だったが、それはまた追って。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-12-08 23:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 12月 07日

ETH

d0245357_23182789.jpg

今日はチューリヒにてETHの建築学部のあるキャンパスへ。

初めて訪れたが、噂に違わぬ強力な教育空間でした。

振り返ってわが大学はどうか・・。

いろいろと考えることは多いです。(^^;



[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-12-07 23:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 11月 05日

朝の礼拝

d0245357_18491878.jpg

日曜日の今日、朝一番の大聖堂の礼拝を見に行く。

空間だけでも圧倒されるが、そこに人が入りパイプオルガンや礼拝、讃美歌の声が満ちて祈りの時間が流れると、さらにその空間の力が増す。

今日はお店が開かないので、美術館巡りで日が暮れる。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-05 23:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 11月 04日

エクスカーション 171104

d0245357_18461476.jpg
今日はバスで遠足。

民家園のようなオープンミュージアムや、学生の一人であるSミュエル君のご自宅、ズントーの丸太型枠の教会などを見学させて頂き、〆はKリス先生のご自宅での飲み会。

いろいろと刺激を受けた一日。

有難うございました。







[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-04 23:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 09月 29日

甲南女子大学

d0245357_09462938.jpg

村野の学校建築の一つ、甲南女子大学を見学させて頂いた。

ディテールの見応えはいつものことながら、敷地の傾斜を利用してキャンパスの軸となっている中庭空間がとてもよく、両側に伸びる階段と屋根も効いている。(この屋根は改修されており、オリジナルはもっと薄かったとのこと)

その一方で、アレグザンダーが『オレゴン大学の実験』の中でその重要性を述べているような、大学キャンパスには不可欠な曖昧な溜まり空間的なところがあまりないのが気になった。

でも、気品の漂う優しい場所だった。(^.^)

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-09-29 23:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 09月 13日

新しい建築@ChiangMai & Bangkok

d0245357_13572660.jpg

今回訪れたチェンマイとバンコクの現代建築をいくつか


まずはチェンマイ郊外に建つ私設の現代美術館である「MAIIAM」

設計は All(zone)

タイの伝統的な寺院に見られるモザイクタイル貼りを、ミラーガラスという現代的な素材で翻訳したもの。

平面構成や素材の扱い方が明快です。















d0245357_13575265.jpg

これはバンコクはプラカノンにできたおしゃれなオフィス群とコ・ワーキングスペースである「Naiipa Art Complex」

既存の樹々を縫うように三つのボックスが配置されている。

街路側と内側でガラスの扱いを変えており、その意図が素直に感じられてよい。

設計は Stu/D/O Architects

















d0245357_14002652.jpg

続いては、トンローにある「The COMMONS」

都市に向けて階段状にオープンスペースを設けて奥へ引き込むコンセプトはそれほど新しいものではないが、屋根まで吹き抜けが連続して巨大ファンにより風の動きを作り出しているところがとてもよい。

上階の吹き抜けはいくつかに分割されているが、その配置がうまい。

Department of ARCHITECTURE による設計

















d0245357_14010727.jpg

サイアムにあるメガショッピングセンターの系列からも一つ「EmQuartier」

設計は DESIGN103 International

3棟の超高層がブリッジでつながる構成とし、スカイトレインから引き込まれた一番奥には滝が設けられている。

それも面白いが、上階にある空中庭園のコクーン・パークがすごい。

階高の大きい二層分(かな?)を使って、内外に立体的な空中庭園を仕込んでいる。

こういうのがさらっとあるところがバンコクの面白さか。













d0245357_14433842.jpg

バンコクの中央郵便局をリノベーションした「TCDC」(Thai Creative Design Center)

以前はプロンポンのデパート内にあったこの施設が、ここへ拡張して進出した。

コ・ワーキングスペースやライブラリー、いろんな素材のストックなど、クリエイターの活動をサポートし、企業を接続する役割を担っている。

市街が見渡せる屋上庭園や増築された空間もかっこいい。
















d0245357_14444355.jpg

The Jam FactoryのDBALPによる「FACTORY 30」は、倉庫のリノベーション

先端のライフスタイルをコンポーネントするかなりクールな空間

まだ店が全部入ってませんでしたが・・。




















d0245357_14454168.jpg

OMAの「マハナコン」は、高層棟はいまだ工事中でした。
このあたりは、さすがタイらしいなと。(^^;

























d0245357_14460924.jpg

ということで、ほかにも続々と新しいものがつくられているようで、タイのバブリーな現状と、国の発展をデザインで切り開いていこうという意気込みが強く感じられました。(^^)/



[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-09-13 23:55 | 建築 | Comments(0)