人気ブログランキング |

丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:都市( 87 )


2019年 07月 23日

深化のプロセス

d0245357_08330609.jpg

一つの出来事は次の出来事をひき起こし、古いものに新しいものがつけ加えられる。

個々に見ればそれらはどちらも論理的な背景をもつ独立したものでありながら、相乗的に作用して新しい価値を生み出す。

都市の風景はそのようにして深まっていく。

という構図は政治の世界においても理想ですが、なかなかそのようにはなりまへんな。(^^;


by ATELIER-K_98 | 2019-07-23 23:55 | 都市 | Comments(0)
2019年 07月 03日

南座前で。

d0245357_10162688.jpg

先日のオープンジュリーのお疲れさま会で、ゼミ生と四条は菊水ビルのビアガーデンへ。

あいにくの雨だったが、一応屋根があり屋外で楽しめた。(^^)

なかなか見ることのないアングルでの夜の南座がきれいでした。

こういうアクティヴィティが都市の面白さですな。


by ATELIER-K_98 | 2019-07-03 23:55 | 都市 | Comments(0)
2019年 05月 24日

プラハへ。

d0245357_00251294.jpg

今日は午前中にリベレツの街を歩き回り、昼からRegiojetの高速バスでプラハ入り。

到着後は急いでプラハ城を見てから、旧市街を探索。

プラハは以前より来たかった街の一つなのだが、これほど観光客が多いとは思っていなかった。

街自体はもちろんすごくきれいなのだが、どこに行っても年配の団体さんがいっぱいいて、非常に疲れる・・。(*_*;

夜はやはりチェコビールで煮込み系のチェコ料理を楽しんだ。

チェコは物価が安めでいい!(^^)/

Today's stay : Hotel Sovereign ☆☆☆☆, room 109


by ATELIER-K_98 | 2019-05-24 23:55 | 都市 | Comments(0)
2019年 05月 22日

リベレツへ。

d0245357_00024371.jpg

来年からリベレツ工科大学というところとワークショップを始めようかということで、下見と打合せのために今日からチェコへやってきた。

30年ほど前にウィーンに来て以来の「中欧」エリアになる。

今日はプラハの空港まで大学のドライバーの方が迎えに来てくださり、高速を140kmほどで飛ばして(^^;、夜にリベレツ入りした。

リベレツはプラハの北東90kmのところにあるチェコで6番目の都市で、かつて繊維業で栄えたきれいな街である。

実は25年目の結婚記念日だった今日、リベレツの夜は静かに更けていくのであった。(^^;

Today's stay : Hotel Radnice ☆☆☆☆, room 25


by ATELIER-K_98 | 2019-05-22 23:55 | 都市 | Comments(0)
2019年 01月 15日

交差点の呼び方

d0245357_11264022.jpg

京都では交差点の呼び方はどちらの通りに属しているかで二つの通りの名前が逆転するんですね。

今更ながら知りませんでした。(^^;


by ATELIER-K_98 | 2019-01-15 23:55 | 都市 | Comments(0)
2018年 12月 27日

大津駅が。

d0245357_11163850.jpg

とある会議で大津市へ。

久しぶりに大津駅で降りると、楽し気に変わってました。(^^)


by ATELIER-K_98 | 2018-12-27 23:55 | 都市 | Comments(0)
2018年 12月 24日

X'mas Tree on the tower crane

d0245357_15152490.jpg

今日はクリスマス・イブだが、チューリヒの駅横の工事現場では、なんとタワークレーンの上にクリスマスツリーと思しき物体が。(^^;

クリスマスの位置付けが根本的に日本とは違うでしょうが、こういうのを見ると嬉しくなります。

余裕としゃれっ気は大切ですね。(^^)/

よいクリスマスを!


by ATELIER-K_98 | 2018-12-24 23:55 | 都市 | Comments(0)
2018年 11月 06日

都市の地層

d0245357_10411834.jpg

昨日の現調に続いて、今日は別の修復建築家の方から、聖堂前の広場の変遷や現在計画されている新たな建築について等のレクチャーを受ける。

大聖堂の南側広場は、美術館やホテルなどで囲まれたケルン市で最大のスクエアであり、その一角には修復を担う建築家たちの事務所も入っている建物もあるが、ここは新たに美術館を併設する建築として計画中とのこと。

ケルンはローマ時代からの遺跡の上にあり、第二次大戦での激しい破壊から再生した歴史も持つ、古代から現代までの文化的地層を持つ都市である。

京都との連続性の中で考えることが多い。

Today's stay : アルデケルンツェントルムケルン, room 57


by ATELIER-K_98 | 2018-11-06 23:55 | 都市 | Comments(0)
2018年 09月 20日

いまだバブルな感じ

d0245357_10384738.jpg

バンコクではタワーのコンドミニアムなどの開発があちこちで進んでいる。

サイアム・パラゴンの中では、今年も展示商談会が開かれていた。

パンフレットをみると、日本よりはさすがにちょっと安いもののBTS沿いはそれなりのお値段です。

やはり投資目的で買う人も多いとか・・・。


by ATELIER-K_98 | 2018-09-20 23:55 | 都市 | Comments(0)
2018年 06月 29日

都市における抜けの効果

d0245357_09574814.jpg

建築の構成では視線や風が「抜け」る空間が様々に面白い効果を生むが、都市スケールにおいてもそれは有効に機能する。

by ATELIER-K_98 | 2018-06-29 23:55 | 都市 | Comments(0)