人気ブログランキング |

丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

2012年 04月 02日 ( 1 )


2012年 04月 02日

薬のパッケージデザイン

d0245357_021588.jpg耳鼻科で処方された花粉症の点鼻薬

よく見ると、様々なところがデザインされている。

上の青い部分はキャップで、右側の青いところを押すと薬液が噴霧される。

つまり可動部分が青で統一されている。また、真ん中下部の曲がった開口部は、残りの分量を確認する小窓になっている。

デザイナーの意図が良く見えるパッケージである。


薬のパッケージというものは、それを服用する人にとって意外といろいろな心理的影響を及ぼすものではないだろうか。

使う(飲む)のが楽しくなるパッケージデザインは重要である。

by ATELIER-K_98 | 2012-04-02 00:21 | デザイン | Comments(0)