丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 22日

『 手の痕跡 』

d0245357_22403559.jpg2011年に逝去された建築家・伊丹潤さんのスケッチ集

白井晟一を敬愛し、伝統とモダニズムの融合を目指した氏の、濃厚に沈んだ、或いは軽やかに走るような、様々なタッチのスケッチやハンドドローイングの数々は、まさに建築家の「手の痕跡」である。

「最初からは、私にはすべて見えてこない。
イメージとドローイングの繰り返しの中で、妙に主張をもった形状が現れてくる。」

心に沁みる刺激的な数々の言葉が、ドローイングに迫力と説得力を添えている。











伊丹潤 著
TOTO出版
2012年
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-22 22:39 | | Comments(0)


<< SALOMON SHORT K...      『 FLAT HOUSE LI... >>