丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 26日

象の御香

d0245357_18593953.jpg昨年タイで買ってきた象の形をした御香を焚いてみました。

結構、きょーれつなかおり・・・。

日本人の私には、ちときついです・・・。

燃えていくと、そのままの形で灰が残るのですが、最後まで我慢できませんでした・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-26 23:59 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 25日

ラジオメーター

d0245357_18541414.jpgラジオメーター

真空状態のガラスの中で、光を受けた羽根がくるくる回ります。

とても不思議です。

ほどほどの光の強さの時の緩やかに回転する羽根が、なんとものんびりしていて、

でもその動きがとても滑らかで、好きなのです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-25 23:51 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 24日

PH50

d0245357_1847829.jpgいわずとしれたポール・ヘニングセンの名作「PHランプ」

その最新バージョンのPH50です。

従来のPH5とは異なり、塗装色が光沢のあるグロッシーな仕上げです。

マットな仕上げのPH5もいいですが、これも独特な雰囲気があってなかなかいいです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-24 23:45 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 23日

archilovers

d0245357_18444579.pngarchiloversに「KITパビリオン」が掲載されました。
ご高覧下さい!

http://www.archilovers.com/p47901/kit-pavilion
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-23 23:40 | メディア | Comments(0)
2012年 01月 22日

含水率

d0245357_182186.jpg薪はなにしろ乾燥していなければいけません。

原木を玉切りする、割る、乾かす、焚くというサイクルのなかで、乾かすというプロセスが重要です。

最低でも半年は乾かさないといけませんが、焚くまえに含水率を測ります。

15%~18%以下になるまで、じっとがまんです。

こいつは11%なので、安心して投入!
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-22 18:06 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 21日

鈴木オートのミゼット

d0245357_1756834.jpg映画「ALWAYS三丁目の夕日’64」が封切られました。

物語の舞台となる鈴木オートの社名入りミゼット・チョロQです。

思わずセブンイレブンで購入!

チョロQなのでデフォルメされていますが、何とも愛着のわくデザインです。

映画のほうも見てみたいです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-21 23:55 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 20日

コダック社倒産におもう

d0245357_10374037.jpgフィルム大手のコダック社が倒産したというニュースがありました。

デジタル化の波に適応できずに、取り残された結果という構図で、フィルムカメラを愛する私にとっても、さびしいニュースであります。

かたや富士フィルムは、化粧品などの様々な業種へ新しい職種を伸ばしたことで生き延びているということが、対比的に語られています。

なにものも状況や時代の変化に合わせてその姿を変えていくことは、生き物の常。
企業においてもあてはまります。

変わっていくもの、変えていくもの、変わらないもの、変えてはいけないもの・・・
それらのお互いが関係しあいながら、時代を創っていくのだと思います。










コダック・トライX&富士・ネオパンプレスト
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-20 23:28 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 19日

火をみる

d0245357_10163945.jpg揺らめく炎を見ていると、火というものの存在の不思議さに魅せられる。

熱いこと、形がないこと、変化すること、消えること・・・・
火が持つ力のどれをとっても、考えてみればよく分からないことばかりである。

刻々と姿を変えるそのすがたは決して見飽きることがなく、心から雑念を取り去ってくれる。



















←日本列島みたいな形の火
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-19 23:15 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 18日

sunrise 120118

d0245357_2350439.jpg本日の日の出 AM7:06
冬至以降、昨年11月末と同様な位置にまで戻ってきている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-18 23:56 | Sunrise | Comments(0)
2012年 01月 17日

『 火天の城 』 『 空間の行間 』

d0245357_19511656.jpg信長の安土城築城を描いた歴史小説

映画化もされました。(まだ見ていませんが)

信長の無理難題に立ち向かいながら、プロフェッショナルな仕事に徹する総棟梁、岡部又右衛門と匠たちの物語。

ものをつくる人間というのは、かくも厳しい世界に生きているということが、活き活きと描かれており、襟を正さずにはいられません。

同じ作者の直木賞受賞作『利休にたずねよ』とともに、一気に読ませる小説です。















d0245357_19512876.jpg安土城は、その特異な形態から人気のある城です。

「法隆寺夢殿+金閣寺」という天守閣に加え、内部に巨大な吹抜を内包するという構成は大胆すぎます。(小説では吹抜は中止されますが)

磯崎新と福田和也の対談の『空間の行間』でも、その意味について論じられています。

安土城・・・現存していませんが、一度見に行ってみたいです。


『火天の城』山本兼一(文芸春秋2004年)
『空間の行間』磯崎新、福田和也(筑摩書房2004年)
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-17 23:50 | | Comments(0)
2012年 01月 16日

放水の儀式

d0245357_19591994.jpg佐賀の家のクライアントのIさんから、「放水の儀式」の連絡を頂きました。

新しい家の防災を祈願して、消防団の方々がこのような儀式をされるとのこと。

京都ではあまり経験がありませんが、いい儀式ですね!










d0245357_19592827.jpg
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-16 20:04 | 仕事 | Comments(0)
2012年 01月 15日

「冷凍」ピザは難しい・・・。

d0245357_9531283.jpg薪ストーブ料理の定番、ピザです。

まずは熾き火をつくります。

これが強すぎると、すぐに焦げてしまいます。





















d0245357_9533066.jpg鉄のアングルを切った五徳の上に、ダッチオーブンに乗せたピザを投入

























d0245357_953403.jpg焼き上がりです。

今回は初めて冷凍ピザを焼いてみましたが、あまりうまくいきませんでした。
冷凍だと、表面のチーズが溶けるまでに、下面の台が焦げてしまいます・・・。

今日学んだこと・・ストーブで焼くには、「冷凍」より「冷蔵」がいい。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-15 23:51 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 14日

スマートコーヒー

d0245357_9353472.jpg寺町にあるスマートコーヒー

年月を経たインテリアの木や、店のロゴタイプやマークなどが醸し出す雰囲気は味わい深い。

いい年を重ねてきたものは、人も建築も魅力的である。




















d0245357_9354364.jpg
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-14 09:40 | コーヒー | Comments(0)
2012年 01月 13日

在り続けるもの

d0245357_9305753.jpg真冬のビーチバレー・コート

夏の賑わいの残像を感じさせつつ

ただそこに在りつづけて、寒い風に吹かれている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-13 23:29 | 風景 | Comments(0)
2012年 01月 12日

足跡

d0245357_8235577.jpg昨日と今日は卒業設計・研究の提出、講評会であった。

建築学生にとって学生最後の一大イベントとして、自らの思いをぶつけた作品群は、どれもがその意味で魅力的である。

今日感じた嬉しさや悔しさ、そして卒業設計のできる喜びをを忘れずに、次に生かして欲しい。

その思いと作品は、それぞれの人生の足跡の一つとして、いつまでも確実に心に深く刻まれるに違いない。

結果が出た人も、出なかった人も、そこに何かの意味があると考えたい。

お疲れ様でした。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-12 23:23 | 建築 | Comments(0)
2012年 01月 11日

温度と湿度 2011.12月

d0245357_047129.jpg先月12月のアトリエ温度湿度平均データは下記の通り。

       温度     湿度   計測日数(時刻)
12月  15.5℃  55.1%  31日間(AM8:00)

前月11月から、温度は約4℃、湿度は約3%下がっている。
着実に季節の変化を感じる。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-11 23:46 | 温湿度 | Comments(0)
2012年 01月 10日

立体タイル

d0245357_0243723.jpg街で見つけた外壁のタイル。

50mm各ほどの正方形タイルだが、真ん中が盛り上がったかなり立体的なもの。

釉薬がかかったテクスチャーや色合いも、現代のタイルにはない微妙な変化がある。

ひと昔まえの素材が持っていた、手仕事の深い味わいが感じられる。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-10 23:23 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 09日

薪の組み方

d0245357_8354447.jpgストーブの中で薪をどう組むかで、燃え方が大きく変わります。

薪を投入する時は、いかにして薪の表面が灰などに密着することなく、奥のほうまで空気が流れるかを考えることが重要です。

また、当然ながら燃え進むにつれて薪の大きさや形が変わってくるので、その状況を予測しながら組んでいきます。

さらには、ただ燃えていれば良いというのではなく、姿の美しさも重要かと。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-09 08:35 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 08日

富士山

d0245357_8285737.jpg今日は東京へ出張。

これまで新幹線から、幾度と無く富士山を見てきた。

日本という島国のなかで、富士山という一つの大きな山が、

象徴的に美しい形で、そしてゆるぎなく在ることにいろんな意味を感じる。

初めて見たときに、その裾野の大きさに感動したことを憶えている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-08 23:28 | 風景 | Comments(0)
2012年 01月 07日

追悼 リカルド・レゴレッタ

d0245357_2059554.jpg昨日の菊竹清訓さんに続いて、メキシコの建築家リカルド・レゴレッタさんが亡くなられました。

モダニズムの構成の中にメキシコ特有の色使いを持ち込んでつくられた作品は、

合理性と地域性が融合した温かみのある建築で、私も好きな建築家の一人です。

年が明けて御大の訃報が続きます・・・。



ご冥福をお祈りします。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-07 21:10 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 06日

追悼 菊竹清訓

d0245357_20592453.jpg菊竹清訓さんが亡くなられた。

メタボリズムの旗手として、日本の建築界にエポックな作品を数多く残された。

形を生み出す言葉にならないプロセスの言語化を試みた「か・かた・かたち」の理論には、学生時代より多大な影響を受けた。

コミュニティ・バンクを標榜した一連の「京都信用金庫」のアンブレラ・ストラクチャーのシリーズは今も京都の街に根付き、風景と化している。



ご冥福をお祈りします。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-06 21:16 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 05日

たのしい切り紙展

d0245357_2319496.jpg現在、井上由季子さんのモーネのギャラリーで開催中の「たのしい切り紙展」に行ってきました。

井上さんのご両親(83歳の義母さんと82歳のお父さん)が続けてこられた切り紙が一堂に展示されています。












d0245357_23192486.jpgお父さんは、様々な魚の切り紙と、一つのかたちのもとにいろんな色の紙で構成された富士山です。

























d0245357_23193477.jpgお義母さんは、ソックスの切り紙です。
いろんな包装紙が使われているのですが、切り抜いておられる場所や組み合わせに工夫があって、見ていて飽きません。


手から生みだされたこれらの作品からは、ものを生み出すことを楽しむ心と、一つのことを積み重ねるエネルギーが伝わってきます。
















詳しくはこちら → http://kompis.exblog.jp/17254154/
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-05 23:18 | ギャラリー | Comments(0)
2012年 01月 04日

刹那のなかの永遠

d0245357_18311361.jpg高速回転する風車を撮ってみた。

シャッタースピードが速いため、羽根は止まって見えた。

我々の眼(意識)に映る世界の”一瞬”は

もっと微分された小さな一瞬の連続であることが分かる。

一瞬の中に永遠がある。

すべての刹那を大切にしたい・・・・・年頭におもうこと。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-04 18:42 | 風景 | Comments(0)
2012年 01月 03日

かるた

d0245357_18171326.jpg久しぶりに百人一首をした。

それぞれの歌を詠んでみると

日本語の語感や意味が持つ面白さに改めて気づかされる。

日本人は言葉や自然の音、音楽などを聞いたときに

欧米人とは異なる脳の使い方をしていることが知られているが、

英語全盛のこの時代にこそ、我々の祖先が培ってきた感性を意識し、

一つ一つの言葉が持つ意味や面白さを感じ、味わうことが重要であると思う。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-03 18:14 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 02日

初詣

d0245357_23443744.jpg近所の氏神様である大将軍神社へ初詣

今年一年の息災を願ってきました。

参拝の後で毎年頂くお神酒の白酒がとても美味しいのです。




















d0245357_23444998.jpg鎮守の森に内包された参道

心落ち着く空間です。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-02 23:56 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 01日

2012年 お正月

d0245357_17514154.jpg明けましておめでとうございます。

よい一年となりますように・・・!

本年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-01 17:56 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 31日

2011年・大晦日

d0245357_17553795.jpg激動の2011年も今日が大晦日。

多くの人が悲しみにくれた一年も、もうすぐ過ぎ去ろうとしている。

お世話になったすべての方々に深く感謝。

来年も、自分の出来ることをひたすらに、そして謙虚に積み重ねていきたい。

        ・
        ・
        ・

どうぞよいお年をお迎え下さい。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-31 18:07 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 30日

旧友再会

d0245357_1746275.jpg今日は宴会ダブルヘッダー。

昼の部:ゼミのOB達が来邸して宴会。皆それぞれの場所で頑張っている。
今後の飛躍を期待。降り注ぐ仕事や問題にくじけず頑張れ!!

夜の部:高校のクラブ(サイクリングクラブ)の恒例の忘年会。
こちらはもはやオッサンの軍団となっているが、皆くたびれながらも頑張っている。
年に一回の集まりであるが、いつも楽しくいろいろと刺激を受ける。
しかし年々、この日がくるのが早くなる気がする。

結局今日は昼から夜中までずっと飲んでいた・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-30 23:45 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 29日

年賀状

d0245357_140452.jpg今回は年賀状の宛名を手書きにしてみた。

住所録ソフトの最新データを誤って消してしまったことがきっかけで

去年頂いた賀状を見ながら、気持ちを込めて300枚ほどの宛名を書いた。

普段の手紙は勿論手で書いているが、仕事での文書作成等はほぼPCなので

ちょっと複雑な文字などは、思いのほか書けなくなっていることに気づき

ちとアセル・・・。

一枚一枚書きながら、いろんなことを思う。

手で書くことの意味は、確かにあると思う。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-29 23:39 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 28日

喫茶 チロル

d0245357_19654100.jpg老舗の喫茶店「チロル」

はやりの”カフェ”ではなく、昔ながらの「喫茶店」

この店のように、

コーヒーやランチをつくるおばちゃんや、

店のインテリアや、

置いてある雑誌や、

マッチのデザインや、

d0245357_197565.jpg・・・・・・

等等によって醸成される”篭もれる感じの”店が続いていくことが、

町の懐の深さを現すと思う。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-28 19:19 | コーヒー | Comments(0)