丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 22日

ソニック

d0245357_2243059.jpgJR九州鉄道シリーズ 特急「ソニック」です。デザインは、やはり水戸岡鋭治さん。

水平にリブが付けられた濃いブルーの車体が

鉄というマテリアル感を増幅して

どんどん姿を消してゆくブルートレインに感じるような

我が身をゆっくり遠くへと運んでくれる鉄道という乗り物だけが持つ

何ともいえない郷愁と哀愁を感じてしまうのは

私だけでせうか・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-22 22:12 | デザイン | Comments(0)
2011年 12月 21日

光のちから

d0245357_848079.jpgワインボトルの影の色

光があたることで、見た目とはイメージの異なる色が現れる。

モノの持つ様々な姿を引き出す光のちから。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-21 23:34 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 20日

スオミの切手

d0245357_23104568.jpgこの春に訪れたヘルシンキからクリスマスカードが届きました。

かわいらしいデザインのフィンランドの切手です。

手紙ってやっぱりいいですね!
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-20 23:34 | デザイン | Comments(0)
2011年 12月 19日

薪の積み直し

d0245357_028199.jpgストックしている薪の一部を積み直しました。
薪にはいろんなもの(虫)が付いているので、その都度投入する分だけ薪棚に取りに行っているのですが、
夜中になるとこれが結構メンドクサイ・・・。
できるだけ直ぐに取り込めるようにということで。
ところどころに横向きに積むことで、空気の通りを良くするとともに、
意匠的にもアクセントになっています。
ヨーロッパでは、薪をきれいに積むというアートもあります。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-19 23:53 | 薪ストーブ | Comments(0)
2011年 12月 18日

はつごおり

d0245357_11534615.jpgバケツの水に初氷を発見。

持ち上げるときに少し割れて、幾何学的な面白いかたちになりました。

「自然に直線は存在しない」とはよく言いますが、実は、あります。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-18 11:57 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 17日

熾き火マグマ

d0245357_10141955.jpgようやく寒くなりストーブの出番が本格化。

薪は炎を上げて燃えているときよりも

熾き火になったときが、ストーブの温度が一番高い。

地球の深奥部でもこのようなマグマが息づいているのであろうか・・・。

一台の小さな薪ストーブは、確かに地球とつながっている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-17 09:06 | 薪ストーブ | Comments(0)
2011年 12月 16日

東京さぬき倶楽部

d0245357_857238.jpg先日の出張で泊まった「東京さぬき倶楽部」(1972年竣工)
現代建築家の一人、大江宏の設計です。
麻布十番という立地にありながら、ゆったりとした外部空間を湛えたおおらかな建築です。











d0245357_857223.jpg1階ロビー
ゆったりとしたスペースに、私も大好きなジョージ・ナカシマの「コノイド・ラウンジ」が惜しげもなく置かれています。
ロビーは二層吹き抜けで、中央部には味のある大判のブルーのタイルが用いられ、空間を引き締めています。
天井のコンクリート形状や細かいアルミルーバーに時代を感じます。










d0245357_8573294.jpg2階ロビー
ここにもコノイド・ラウンジ。
ガラスの外には全面に金属の繊細なグリルスクリーンが巡らされています。
現代の新しい建築デザインボキャブラリーに通じるものがあります。





















d0245357_100132.jpgロビー上部吹抜
























d0245357_1003617.jpg客室(シングル)
ヘッドボードとコンソール類、デスクが一体でデザインされています。
この家具とスタンドによってベッドとデスクスペースが緩やかに仕切られており、落ち着きのある空間になっています。


この時代の建築には「手の跡」の温かみが感じられて好きです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-16 23:55 | 建築 | Comments(0)
2011年 12月 15日

sunset at Tokyo

d0245357_21403919.jpgガラスに映る夕日

ビルの谷間に落ちてゆく夕日の複製がそこかしこに現れる

イリュージョナルな東京の夕暮れ


















建設中のS建設新本社ビル
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-15 21:44 | Sunset | Comments(0)
2011年 12月 14日

グラデーション

d0245357_9204151.jpg冬の寒い朝

結露している窓ガラス。(ペアガラスなのに・・・)

上に行くほど、水滴が小さくなって、

空へ吸い込まれて行くような世界を切りとってみた。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-14 08:20 | 風景 | Comments(0)
2011年 12月 13日

カレンダー製作中

d0245357_20361150.jpg来年のカレンダーを作っています。

昨年に引き続き、こどもの描いた家の中の絵を配置して、

「今月はここを掃除しましょう」というコンセプト。

今週末のモーネの「箱市」でも販売します!

モーネ工房「箱市」 → http://maaneinfo.exblog.jp/9522771/
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-13 23:35 | くらし | Comments(0)
2011年 12月 12日

「錦小路」の空間性

d0245357_2010343.jpg京のだいどころ、御存知、「錦」

年の瀬というにはまだ少し早い今の時期、混み具合はまだまだです。

賑わいを生み出す道(というか通路というか)の幅の「狭さ」と、

アーケードによる程よい「暗さ」が絶妙です。

小さかったころ、ほぼ身動きが出来ないほどの年末の錦に連れられた時は、

ごった返す人で子供の目線では「視界ゼロ」状態に陥り、恐怖感さえ感じました。














d0245357_20104377.jpg錦の東の端にある「錦天満宮」

鳥居が両サイドのビルに突き刺さっている”アレ”です。

錦という東西の軸線の起点(もしくは終点)にこの祠があることで

リニアに展開する賑わいの空間に”オチ”が付いているように感じます。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-12 23:10 | 都市 | Comments(0)
2011年 12月 11日

月の輪

d0245357_9532482.jpg昨日10日の夜の月は皆既月食でした。

今日もきれいな月が出ています。

”古典的”なカメラワークですが、輪っかをつくってみました。

家々の灯りが、風に揺れるススキのようです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-11 22:56 | 風景 | Comments(0)
2011年 12月 10日

やきいも

d0245357_10232254.jpg薪ストーブでつくる一番簡単なおやつ「やきいも」
アルミホイルに包んで、天板の上で時間をかけて焼きます。












d0245357_10233176.jpgホクホクのいい感じに出来上がり。(写真ではあまり伝わってきませんが・・・。)
見極め時のタイミングが重要です。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-10 08:25 | 薪ストーブ | Comments(0)
2011年 12月 09日

温度と湿度 2011.11月

d0245357_10173967.jpg先月11月のアトリエ温度湿度平均データは下記の通り。

       温度     湿度   計測日数
11月  19.4℃  58.2%  24日間

前月10月から、温度は2℃下がっているが、なぜか湿度は2.8%上がっている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-09 23:16 | 温湿度 | Comments(0)
2011年 12月 08日

冬のシルエット

d0245357_2238781.jpg葉っぱの落ちた冬の樹

幹と枝の形があらわになったその姿は

可視化された、外へ外へと伸びる力。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-08 22:42 | 風景 | Comments(0)
2011年 12月 07日

パソコン

d0245357_1046093.jpgアトリエで使っているパソコンの限界が近く、代えることにした。

仕事の道具ではあるが、愛着が持てることが重要。

デザインも重要な性能の一部であり、

その点でウインドウズPCは選択に苦労する。

消耗品ではありますが・・・。














DELL XPS15z
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-07 08:45 | デザイン | Comments(0)
2011年 12月 06日

難しい・・・。

d0245357_10414729.jpgエスプレッソマシンでつくるカプチーノ

スチームしたミルクがなかなか思うように扱えない。

ラテアートの道のりは険しい・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-06 23:41 | コーヒー | Comments(0)
2011年 12月 05日

恥ずかしながら・・・。

今日は私の4?回目の誕生日

ゼミのM2生たちがビールとケーキで祝ってくれました。

ケーキおいしかったですよ!

どうも有難う。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-05 23:59 | くらし | Comments(2)
2011年 12月 04日

よつば

d0245357_9394250.jpg公園で見つけたよつばのクローバー

いいことありますでしょうか・・・?

いや、「日々是好日」です。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-04 23:39 | 風景 | Comments(0)
2011年 12月 03日

格子のちから

d0245357_109513.jpg建物の外部にも内部にも格子を使うことが多いです。
角度によって見え方が変化するのが面白く、
視線や光を制御するという機能的な要素でありながら、多様なイメージを惹きだすことのできる存在だと思います。
部材の断面形状や組み合わせ方を変えることで、新しい作用を生み出すことを模索しています。

















「佐賀の家」2011
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-03 10:17 | 仕事 | Comments(0)
2011年 12月 02日

composition 111202

d0245357_9145952.jpgしっくいの白と焼杉板の黒、壁面と柱による構成。

街角で見つけたモンドリアン。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-02 09:19 | 風景 | Comments(0)
2011年 12月 01日

『 まだ科学で解けない13の謎 』

d0245357_8411611.jpg科学万能の時代とよく言われるが、それは人間の思い上がりに過ぎない。

世の中(自然や生き物、その一部である人間、それが作り出す社会というもの)は、まだまだ分からないことだらけであり、だからこそ面白い。

ライアル・ワトソンも言うように”この世には驚くべきことが進行中”なのであり、
あくせくと日常を生きている我々も、それだけで”驚くべき存在”なのだと思う。














マイケル・ブルックス 著
草思社
2010年
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-12-01 08:45 | | Comments(0)
2011年 11月 30日

ストライプ

d0245357_932527.jpg家の前の畑
畝ごとにいろんな野菜がつくられています。
それぞれに葉っぱの形と青さが異なり、とてもきれいで毎日見ていて楽しいです。
日々姿を変えていくその姿は、生きている一枚の絵です。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-30 09:38 | 風景 | Comments(2)
2011年 11月 29日

アラジン

d0245357_10203588.jpg石油ストーブの定番「アラジン ブルーフレーム」

クラシックなその姿は、機能がデザインになっているからこそ見飽きない。

勿論、丸い窓からみえる青い炎も大きな魅力。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-29 08:20 | デザイン | Comments(0)
2011年 11月 28日

うだつ

d0245357_9153990.jpg家同士の間に立ち上がる「うだつ」
防火塀としての機能から、家の財力を示唆するものとなった。
同時に街並みにリズムも与えている。
このような意味の変化を読み取ることが、歴史を見る面白さの一つだと思う。
(京都市下京区の町家)
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-28 09:23 | 風景 | Comments(0)
2011年 11月 27日

うずまき御香

d0245357_1751405.jpgうずまきの御香
お香をたくことで日常の場所に新たな空間が生まれます。
視覚認識に偏った現代生活の中で、忘れていた感覚を思い出させてくれます。
五感のすべてを働かせると、いろんなものが”見えてくる”のではないでしょうか。

香彩堂「茶の庭」
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-27 18:08 | くらし | Comments(0)
2011年 11月 26日

金の羽根

d0245357_8341281.jpg黄金に色づく銀杏の葉

風に吹かれて、きらきらと日の光を反射している様は

秋にかがやく金色の羽根
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-26 08:33 | 風景 | Comments(0)
2011年 11月 25日

障子の使い方

d0245357_2348368.jpg「佐賀の家」現場状況(111121)より。

造り付家具の部分です。

上部(と下部)を扉付きキャビネットとし、その間に紙を張り回した太鼓張り障子をはめ込んでいます。
(ちなみに上部収納に付けている引き手は、この家のクライアントがデザインされたものです。)

障子は窓際に用いるだけでなく、吹き抜けなどに面した”家の中の窓”や、このような家具の一部としても用いています。

この障子の奥はTVスペースなのですが、そこに照明を置けば全体が行灯のようになります。

適度な透光性と断熱性を兼ね備えた障子というアイテムが好きで、現代の家にも多用しています。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-25 00:01 | 仕事 | Comments(0)
2011年 11月 24日

sunrise 111124

d0245357_852438.jpg本日の日の出 AM6:55
位置はさらに南下。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-24 08:09 | Sunrise | Comments(0)
2011年 11月 23日

既製品を使わずに

d0245357_1036712.jpg「佐賀の家」現場状況(111121)より。
階段の手摺ディテール
壁固定のためのブラケットも既製品を使わず、木を加工して取り付けている。
手摺自体も、木製丸棒の両端部を切り落とした”太鼓”形状として
軽やかに見せている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2011-11-23 10:42 | 仕事 | Comments(0)