丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 12日

小割の薪

d0245357_22365024.jpg丸太を割って作った薪をさらに細かく割って、小割の薪を作った。

小割は、着火時に徐々に火を大きくしていくのに必要で、これがないと苦労する。

最初は鉈でやってみたが歯が立たず、久しぶりに斧を軽く振った。

グレンスフォシュを使えば簡単に小割が量産できた。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-12 22:41 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 02月 11日

現在の畑 120211

d0245357_1351285.jpg現在の畑の状況

大根とネギと水菜。

ゆずとハーブ類はレギュラー。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-11 13:07 | | Comments(0)
2012年 02月 10日

非常勤講師終了

d0245357_1394059.jpg2005年秋から非常勤講師を勤めさせて頂いていた、大阪府立大学付属高等専門学校の仕事が今年度で終了しました。

長い間お世話になりました。

初めの頃の卒業生はどうしているでしょう・・?
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-10 23:08 | 仕事 | Comments(0)
2012年 02月 09日

はと

d0245357_13161129.jpg大学の私の研究室は5階にありますが、窓の外側に少しだけ平たい面台部分があり、鳩がよく現れます。

ふと視線を感じて外を見ると、5羽くらい留まってたりして・・・ちょっとヒッチコック。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-09 23:14 | 風景 | Comments(0)
2012年 02月 08日

第11回村野藤吾建築設計図展

d0245357_1405297.jpg京都工芸繊維大学美術工芸資料館で、今週月曜日(2月6日)から開催中の「村野藤吾の世界」展

通算11回目の村野展です。

今回は新出資料からの展示で、いつものように生々しいスケッチや図面などからものづくりに執念を燃やす村野の姿勢が感じ取れる展覧会です。

是非ご高覧下さい!

詳しくはこちら→http://www.kit.ac.jp/01/topics/2011/murano120119.html
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-08 23:40 | ギャラリー | Comments(0)
2012年 02月 07日

イエロートレペ

d0245357_146314.jpg案を考えるときは常に手を動かしています。

図面をコピーしたものや手帖など、いろんなものに書き込みます。

いろんなことを考えて可能性を探りながら、ざっくりとスケッチしていくには、ちょっと贅沢なこの黄色いトレーシングペーパーを使います。

柔らかな色目や質感が気に入っています。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-07 23:37 | 仕事 | Comments(0)
2012年 02月 06日

湯たんぽ

d0245357_150215.jpg愛用の湯たんぽ

ストーブの上で沸かしたお湯を使います。

銅製なので熱伝導率はかなり高く、朝になってもまだ結構暖かいのです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-06 01:47 | くらし | Comments(0)
2012年 02月 05日

sunset at Meihou

d0245357_134475.jpgめいほうへのスキー帰りに見た山あいに沈みゆく夕日

恐らくこれが今シーズン最初で最後のスキー・・・なかなか行けません・・・。

そんな哀愁を帯びた夕日(ほぼ沈んでますが・・。)
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-05 23:33 | Sunset | Comments(0)
2012年 02月 04日

神都麦酒

d0245357_1532850.jpg今やいたるところで地ビールが作られており、ビール党の私にとってはウレシイ限りです。

これは、頂き物の伊勢の地ビール「神都麦酒」

しっかりした味でありながら後味がすっきりとしており、かなり美味しく思いました。

伊勢神宮のお膝元だけに、「神都」なのですね。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-04 23:53 | くらし | Comments(0)
2012年 02月 03日

砕石敷

d0245357_2313880.jpg住まいの外構でよく使う「砕石敷」

歩くと音がするので防犯の機能もあります。

一口に砕石といっても、石の大きさに程度があり、我々の事務所でよく使うのは、少し大きめの「単粒砕石」です。

プレーンな雰囲気が気に入っています。

ただ、一本スタンドの自転車は倒れやすいです・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-03 23:12 | デザイン | Comments(0)
2012年 02月 02日

暮しの手帖

d0245357_2147293.jpg愛読誌『暮しの手帖』

最近は暮しの価値観を問い直すといった感じで編集されている雑誌や本が増えてきましたが、そのパイオニアと言っていいと思います。

建築でも何でも、新しいデザインや面白いものに目を奪われがちですが

一方でこの誌面が語りかけるような世界にも惹かれます。

その二つの世界をつなぐような建築の在り方を目指しています。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-02 21:54 | メディア | Comments(0)
2012年 02月 01日

フラクタル・ストラップ

d0245357_21162129.jpg京都大学の酒井敏先生が、研究・提案されているフラクタル日除けをPRするためにストラップを作られました。

フラクタル日除けのミニチュアです。

以前のブログでも触れていますが、この日除けはヒートアイランド抑制をはじめとして、今後の我々のライフスタイルに同調するアイテムだと思います。

また、今年度のグッドデザイン賞も受賞されています。

詳しくは酒井先生のHPをご高覧下さい。→http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~fractal/index.html

私もプロジェクトで使う機会を探っています。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-02-01 21:55 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 31日

蔵書印

d0245357_215193.jpg学生時代につくった蔵書印(ものすごく分かりやすい大きいやつ)と、蔵書印としても使っている篆刻ふたつ。

篆刻の大きいほうは自作品

昔はどんな本にでも押していたが、最近は読み返すことがあるかどうかを真剣に考えてから押すようになった。

書棚スペースと本の価値とのせめぎあいが展開されています。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-31 23:04 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 30日

木村伊兵衛

d0245357_0101391.jpg昨日29日のNHK「日曜美術館」で、私も敬愛する写真家・木村伊兵衛が取り上げられていた。

木村伊兵衛はいわずと知れたスナップショットの名手で、立会いの瞬間に被写体を切りとるというその技は、居合に例えられる。

切り取られた”ふつうの”風景が放つその魅力は、どこから来るのか。

写真家の眼差しの鋭さと奥深さ、そして写真という術が誘発する力を見せつけられるのである。

そんなふうに、”ふつう”に根ざしながらも深みのある建築をつくりたいと思う・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-30 23:38 | 風景 | Comments(0)
2012年 01月 29日

ヘビーデューティーな壁

d0245357_1805151.jpg自宅の壁がコンクリート打放しであることから、壁にはいろんなものを張ったり飾ったりするコーナーをつくっています。

両面テープや”ひっつき虫”などを用いて直に貼ったり、セパレーターの穴を利用してフックをねじ込んだりしています。

汚れ等を気にせずにこのようなことができるのは、”コンクリートならでは”のことです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-29 18:00 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 28日

FIAT X1/9

d0245357_17473514.jpg昔から大好きな車「FIAT X1/9」(1972年発表)

ライトウェイト・ミッドシップのスポーツカーです。

ガンディーニによるデザインは本当に切れ味鋭く、どこから見てもかっこいいのです。

カッコつけた車はあまり興味ないのですが、

この車にはいつか乗ってみたいのです。(でもミニカーで我慢・・・)
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-28 23:46 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 27日

冬の海

d0245357_1941657.jpg少し前に行った冬の海

季節に関係なく、波は打ちよせては消えていく。

ただ、ただ、地球のいとなみを感じた。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-27 23:03 | 風景 | Comments(0)
2012年 01月 26日

象の御香

d0245357_18593953.jpg昨年タイで買ってきた象の形をした御香を焚いてみました。

結構、きょーれつなかおり・・・。

日本人の私には、ちときついです・・・。

燃えていくと、そのままの形で灰が残るのですが、最後まで我慢できませんでした・・・。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-26 23:59 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 25日

ラジオメーター

d0245357_18541414.jpgラジオメーター

真空状態のガラスの中で、光を受けた羽根がくるくる回ります。

とても不思議です。

ほどほどの光の強さの時の緩やかに回転する羽根が、なんとものんびりしていて、

でもその動きがとても滑らかで、好きなのです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-25 23:51 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 24日

PH50

d0245357_1847829.jpgいわずとしれたポール・ヘニングセンの名作「PHランプ」

その最新バージョンのPH50です。

従来のPH5とは異なり、塗装色が光沢のあるグロッシーな仕上げです。

マットな仕上げのPH5もいいですが、これも独特な雰囲気があってなかなかいいです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-24 23:45 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 23日

archilovers

d0245357_18444579.pngarchiloversに「KITパビリオン」が掲載されました。
ご高覧下さい!

http://www.archilovers.com/p47901/kit-pavilion
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-23 23:40 | メディア | Comments(0)
2012年 01月 22日

含水率

d0245357_182186.jpg薪はなにしろ乾燥していなければいけません。

原木を玉切りする、割る、乾かす、焚くというサイクルのなかで、乾かすというプロセスが重要です。

最低でも半年は乾かさないといけませんが、焚くまえに含水率を測ります。

15%~18%以下になるまで、じっとがまんです。

こいつは11%なので、安心して投入!
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-22 18:06 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 21日

鈴木オートのミゼット

d0245357_1756834.jpg映画「ALWAYS三丁目の夕日’64」が封切られました。

物語の舞台となる鈴木オートの社名入りミゼット・チョロQです。

思わずセブンイレブンで購入!

チョロQなのでデフォルメされていますが、何とも愛着のわくデザインです。

映画のほうも見てみたいです。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-21 23:55 | デザイン | Comments(0)
2012年 01月 20日

コダック社倒産におもう

d0245357_10374037.jpgフィルム大手のコダック社が倒産したというニュースがありました。

デジタル化の波に適応できずに、取り残された結果という構図で、フィルムカメラを愛する私にとっても、さびしいニュースであります。

かたや富士フィルムは、化粧品などの様々な業種へ新しい職種を伸ばしたことで生き延びているということが、対比的に語られています。

なにものも状況や時代の変化に合わせてその姿を変えていくことは、生き物の常。
企業においてもあてはまります。

変わっていくもの、変えていくもの、変わらないもの、変えてはいけないもの・・・
それらのお互いが関係しあいながら、時代を創っていくのだと思います。










コダック・トライX&富士・ネオパンプレスト
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-20 23:28 | くらし | Comments(0)
2012年 01月 19日

火をみる

d0245357_10163945.jpg揺らめく炎を見ていると、火というものの存在の不思議さに魅せられる。

熱いこと、形がないこと、変化すること、消えること・・・・
火が持つ力のどれをとっても、考えてみればよく分からないことばかりである。

刻々と姿を変えるそのすがたは決して見飽きることがなく、心から雑念を取り去ってくれる。



















←日本列島みたいな形の火
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-19 23:15 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 18日

sunrise 120118

d0245357_2350439.jpg本日の日の出 AM7:06
冬至以降、昨年11月末と同様な位置にまで戻ってきている。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-18 23:56 | Sunrise | Comments(0)
2012年 01月 17日

『 火天の城 』 『 空間の行間 』

d0245357_19511656.jpg信長の安土城築城を描いた歴史小説

映画化もされました。(まだ見ていませんが)

信長の無理難題に立ち向かいながら、プロフェッショナルな仕事に徹する総棟梁、岡部又右衛門と匠たちの物語。

ものをつくる人間というのは、かくも厳しい世界に生きているということが、活き活きと描かれており、襟を正さずにはいられません。

同じ作者の直木賞受賞作『利休にたずねよ』とともに、一気に読ませる小説です。















d0245357_19512876.jpg安土城は、その特異な形態から人気のある城です。

「法隆寺夢殿+金閣寺」という天守閣に加え、内部に巨大な吹抜を内包するという構成は大胆すぎます。(小説では吹抜は中止されますが)

磯崎新と福田和也の対談の『空間の行間』でも、その意味について論じられています。

安土城・・・現存していませんが、一度見に行ってみたいです。


『火天の城』山本兼一(文芸春秋2004年)
『空間の行間』磯崎新、福田和也(筑摩書房2004年)
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-17 23:50 | | Comments(0)
2012年 01月 16日

放水の儀式

d0245357_19591994.jpg佐賀の家のクライアントのIさんから、「放水の儀式」の連絡を頂きました。

新しい家の防災を祈願して、消防団の方々がこのような儀式をされるとのこと。

京都ではあまり経験がありませんが、いい儀式ですね!










d0245357_19592827.jpg
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-16 20:04 | 仕事 | Comments(0)
2012年 01月 15日

「冷凍」ピザは難しい・・・。

d0245357_9531283.jpg薪ストーブ料理の定番、ピザです。

まずは熾き火をつくります。

これが強すぎると、すぐに焦げてしまいます。





















d0245357_9533066.jpg鉄のアングルを切った五徳の上に、ダッチオーブンに乗せたピザを投入

























d0245357_953403.jpg焼き上がりです。

今回は初めて冷凍ピザを焼いてみましたが、あまりうまくいきませんでした。
冷凍だと、表面のチーズが溶けるまでに、下面の台が焦げてしまいます・・・。

今日学んだこと・・ストーブで焼くには、「冷凍」より「冷蔵」がいい。
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-15 23:51 | 薪ストーブ | Comments(0)
2012年 01月 14日

スマートコーヒー

d0245357_9353472.jpg寺町にあるスマートコーヒー

年月を経たインテリアの木や、店のロゴタイプやマークなどが醸し出す雰囲気は味わい深い。

いい年を重ねてきたものは、人も建築も魅力的である。




















d0245357_9354364.jpg
[PR]

# by ATELIER-K_98 | 2012-01-14 09:40 | コーヒー | Comments(0)