丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

喫茶モン

d0245357_10242220.jpg見学で訪れた香里園で見つけた昭和な喫茶店「モン」

サイフォンで丁寧に淹れられたコロンビアが美味しかったです。

大切に使い続けられている、落ち着く空間でした。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-31 23:55 | コーヒー | Comments(0)
2016年 01月 30日

藤井厚二とレーモンド

d0245357_184524100.jpg今日は藤井厚二の「八木邸」とA.レーモンドの「聖母女学院」の見学会に参加。

たまたま近くに位置する二つの建築。

全体構成の美学からディテールまでそれぞれ見どころは異なるが、どちらからも建築家の強い思いがひしと伝わってくる。

大切にされているクライアントの功績も大なり。

写真は聖母女学院の聖堂。残念ながら八木邸のほうは写真UPできませんが、必見の住宅かと。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-30 23:55 | 建築 | Comments(0)
2016年 01月 29日

切りとりと見立て

d0245357_1841225.jpg連続的に見えている世界を切りとって、新しい見方でとらえ直す。

デザインにつながる物語が生まれる瞬間。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-29 23:55 | デザイン | Comments(0)
2016年 01月 28日

『 自転車部品の美学 』

d0245357_10312667.jpgクラシカルな自転車部品の魅力を、美しい写真とメタフォリカルな文章で余すところなく伝える一冊。

現在流通している部品には詳しくないが、何年か前にそのあまりの変化に驚いた記憶がある。

懐かしいパーツの持つ質感と美しさに、溜息が出ます。

実用品の中に確実に美学がある。












白鳥和也 著
平凡社
2012年
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-28 23:55 | | Comments(0)
2016年 01月 27日

ゆるやかな水平性

d0245357_10184834.jpg先日久しぶりに行った伊東忠太による築地本願寺

水平性と垂直性がブレンドされたどこか不思議なプロポーションの空間にはオリエンタルな雰囲気が漂い、建築家の意図がよく実体化されている。

「ゆるやかな水平性」とでもよべる空間。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-27 23:55 | 建築 | Comments(0)
2016年 01月 26日

空気のとおりみち

d0245357_1030495.jpg温度を上げるためには薪を大量に投入すればよいのだが、その積み方が重要である。

灰をかきつつ、うまく空気が抜けるように組まないと、燃えるものも燃えない。

薪という実体をとおして、それが最大限の効果を発揮できるように、空気をデザインしているともいえよう。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-26 23:55 | 薪ストーブ | Comments(0)
2016年 01月 25日

「美」と「善」

d0245357_10182095.jpg「美」と「善」は共存できるか。

建築を建築たらしめる「美」そして「善」とは、何なのか。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-25 23:55 | デザイン | Comments(0)
2016年 01月 24日

薪バッグ

d0245357_10125634.jpgデニムの端切れを買ってきて、ヨメさんが薪を運ぶバッグを作ってくれた。

仕事が画期的に楽になりそう。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-24 23:55 | 薪ストーブ | Comments(0)
2016年 01月 23日

おいしい証拠

d0245357_1093348.jpgコーヒーが美味しくはいった証は、ペーパーに残った粉の土手。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-23 23:55 | コーヒー | Comments(0)
2016年 01月 22日

すぶり

d0245357_106135.jpg半年ほど前から左肩が痛い。

医者に行くと、予想通り「五十肩」と・・・。

薪割りとともに、久しぶりに素振りもがんばろうかと。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2016-01-22 23:55 | くらし | Comments(0)