丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

io+

d0245357_18562788.jpg大橋歩さんのお店イオグラフィックの京都店「イオ+」を覗いてきた。

町家をリノベーションした空間はシンプルで、置かれているものとマッチしていた。

天井の低い厨子町家の断面がそのまま利用されていて面白い。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-31 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 08月 30日

忙中”自然”あり

d0245357_0502671.jpg自然が織りなす色は、本当に美しい。

ものをつくる人間、考える人間にとって、それを味わう時間は極めて重要である。

いわば忙中”自然”あり。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-30 23:55 | 風景 | Comments(0)
2014年 08月 29日

伊丹十三の世界

d0245357_041022.jpgゼミ旅行最終日は松山市内を回った。

中村好文設計の伊丹十三記念館。

小さな建築であるが、だからこそ心地好いスケールで気持ちの良い空間が展開されている。

建築もいいが、伊丹十三の人となりを伝える展示のコンテンツとその見せ方もとても良かった。

幹事のK崎さん、O谷さん、お疲れ様でした!
















d0245357_23545968.jpg道後温泉ではアートインスタレーションが行われてました。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-29 23:55 | 建築 | Comments(0)
2014年 08月 28日

天空の都市

d0245357_034291.jpgゼミ旅行二日目は別子銅山の見学を中心に。

こんな山の中に都市がつくられていたということに驚く。

ほんとに、昔の人は偉かった!

雨がそぼ降るあいにくの天気だったが、遺跡の物悲しい雰囲気をより増幅していて良かった。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-28 23:55 | 風景 | Comments(0)
2014年 08月 27日

Sunset at Setouchi 140827

d0245357_0272818.jpg今日から三日間は愛媛方面へゼミ旅行。

初日は大三島の伊東豊雄建築を中心に回る。

締めは隈研吾設計の亀老山展望台

瀬戸内海はいいです。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-27 23:55 | Sunset | Comments(0)
2014年 08月 26日

いちばん難しいこと。

d0245357_028720.jpg人に思いを伝えることは、本当に難しい。

ただただ、そう思う。

時として、いわゆる「壁」に阻まれて、言葉は無力となる。

たとえ想いがどれだけこもっていようと。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-26 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 08月 25日

森のコーヒー

d0245357_025117.jpgコーヒーに生けどられた森。

カップの中のもうひとつの世界。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-25 23:55 | コーヒー | Comments(0)
2014年 08月 24日

「 思い出のマーニー 」

d0245357_0181034.jpg「思い出のマーニー」を見る。

前半で何度か眠りに落ちそうになるものの、中盤から後半にかけての展開がなかなか感動的。

見終わった時に暖かい気持ちになります。

人が生きていくのに必要なものの一つを教えてくれる物語。 
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-24 23:55 | 映画 | Comments(0)
2014年 08月 23日

土壁塗り教室

d0245357_1930660.jpg今日は学会近畿支部のイベント、「京町家の伝統技術を学ぶ」の、土壁塗り教室のお手伝い。

左官の先生の指導のもと、小中学生が小舞を編んで、いきいきと壁を塗っていた。

子供の時に自然素材と身体的に対話するこの体験は、とても良いものだと思う。








d0245357_19381292.jpgボランティアで手伝ってくれた我がゼミのM2生、A山君、K畑さん、H田君、有難う。
←「木匠塾」で鍛えた腕が既に”プロはだし”(?)のK畑さん
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-23 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 08月 22日

『 ○○の壁 』

d0245357_19174485.jpg養老さんの「壁」シリーズ

『 バカの壁 』から始まって、最新作の『 「自分」の壁 』まで、全部愛読書である。

非常に腑に落ちる言葉が散りばめられている。

壁を認識して、風通しよく生きたいな。















養老孟司 著
新潮社
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-08-22 23:55 | | Comments(0)