丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

cado

d0245357_2352373.jpg花粉症の私に修了生たちがプレゼントしてくれた空気清浄機「cado MP-C10」

生け花のように「日常のワンシーンを彩る」デザインを目指すことから名付けられた「cado(華道)」

アルミの質感と、くびれたデザインがかっこいいです。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-31 23:55 | デザイン | Comments(0)
2014年 03月 30日

紅梅町の家・お引渡し

d0245357_0332813.jpg今日は「紅梅町の家」のお引渡し。

とはいえやはりこの現場も、造作家具が少しと外構が残ってしまっている。

お引越しされる間での間に、残工事を急ぎ継続して進めていくことになる。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-30 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 29日

さよならパンダ・・・。

d0245357_121766.jpg去年から調子がいまいちだった愛車パンダ。

先日修理から帰ってからも何度か路上で止まり、仕事にも支障がでるので泣く泣く手放すことにした・・・。

毎日大切に乗ってきたが、8年間・53,356kmの付き合いだった。

いい車でした・・・ありがとう。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-29 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 03月 28日

黒竹スクリーン

d0245357_1164774.jpg引渡しの済んだ「鞍馬口の家」の植栽工事が完了。

前面道路に沿ってずらっと黒竹を植えて柔らかなスクリーンを形成し、長いファサードを生かして緩やかな領域を生み出した。

竹は黒の外壁ともなかなかよく合います。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-28 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 27日

仕上急ピッチ

d0245357_23315753.jpg「紅梅町の家」現場状況(140325)より。

各部の仕上げがまさに急ピッチで進行中である。

今回多くの現場が苦しんでいる職人不足と建材不足からは、将来の建築業界や住宅というものの在り方を考えさせられる。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-27 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 26日

鞍馬口の家・お引渡し

d0245357_23195842.jpg今日は「鞍馬口の家」のお引渡し。

この年度末は消費税アップとからんで、現場はこれまでにない大変な状況である。

「鞍馬口の家」もまだ残工事や手直しがいくつか残っているが、何とかお引越しはして頂くことが出来た。

引き続きよろしくお願い致します。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-26 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 25日

卒業式その3

d0245357_23124087.jpg今日は大学の卒業式。

ゼミの4回生は全員引き続いて大学院なので、またこれからよろしくというところだが、院の修了生は社会へと旅立つ。

わがゼミの3名は、これからどんな建築を生み出すのだろうか。

めげずに(?)頑張って下さい!

また、いろいろとカッコいい贈り物を頂きまして有難うございました。追ってアップします。

← 4回生のK崎さん作の似顔絵クッキーと格闘する新社会人3名
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-25 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 24日

実測と架構検討

d0245357_2392057.jpg古い町家がらみの仕事は、実測と図面の復元から始まる。

梁の組み方を見て、プランの可能性を探る。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-24 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 23日

SONGBIRD COFFEE

d0245357_23442054.jpg堀川丸太町を下ったところにある「SONGBIRD COFFEE」

シンプルな構成の中にそれぞれの席が緩やかな独立性を生み出すように配置されていて、とても落ち着く空間です。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-23 23:55 | コーヒー | Comments(0)
2014年 03月 22日

吉村障子

d0245357_128133.jpg「鞍馬口の家」現場状況(140321)より。

くつろぎの間の障子は、図らずもクライアントと私が同じイメージを暖めていた、かの「吉村障子」にチャレンジした。

見付18mmは少々ゴツイが、引き違いを一つの面に見せる効果は、やはり良い。

建具高さは1,800mmである。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-03-22 23:55 | 仕事 | Comments(0)