丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

屋根のかお

d0245357_1859686.jpg夕暮れ時、連なる家々の屋根たちは、思わぬ表情を見せるのです。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-28 23:55 | 風景 | Comments(0)
2014年 02月 27日

パンダカエル

d0245357_1232798.jpg修理に出していたパンダがようやく帰ってきた。

ギヤボックスにオイルが漏れている?ということで、まずはセレクトソレノイドというパーツを交換してもらった。

これで治まるといいのだが・・・。

それにしても、修理中にお借りしていた代車(三菱コルト)と比べて、運転の楽しさは圧倒的にパンダが上であることを再認識した。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-27 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 02月 26日

洗濯機、壊れる・・・。

d0245357_22224423.jpg引っ越したときに買った洗濯機が、6年目にして早くも壊れた。

家電の寿命は一般的に10年というのが目安だと思っていたが、最近は6,7年らしい・・・ちょっと驚き。

ということで、余計な機能が付いていない極めてシンプルでローコストなものを新調した。

しかし、複雑な機能はほんまにいらんな、と強く思うこの頃。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-26 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 02月 25日

思わぬ効果

d0245357_0212920.jpg「紅梅町の家」現場状況(140225)より。

外壁のタイル貼りが進行中。

今回は立体的なボーダータイルを採用しているが、台形であるその断面形状から、開口部まぐさの納まりでは曲面で連続するかのような思わぬ効果が生み出されていて面白い。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-25 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 02月 24日

花粉の季節

d0245357_926215.jpg今年も今日から花粉症の薬をのみ始めた。

いつも憂鬱なこの季節。

仕事の能率が著しく落ちます・・・。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-24 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 02月 23日

薪購入 140223

d0245357_223227.jpg薪を購入した。

ちょっと奮発して今回は100束。

時間がとれずにずっと適当なままになっていた薪棚の整理に追われた一日。

でも、薪ストーバーには至福の時間。

潤沢になった薪棚を見てひとり悦に入るおっさんが、そこにはいた。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-23 23:55 | 薪ストーブ | Comments(0)
2014年 02月 22日

御陵の家・お引渡し

d0245357_2321943.jpg「御陵の家」が竣工し、引渡しを行った。

シンプルでオーソドックスな平面構成の中に、各スペースに見合った、さりげなく異なる雰囲気を盛り込んだ。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-22 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 02月 21日

追悼 山本兼一

d0245357_22371220.jpg作家の山本兼一氏が亡くなった。

『火天の城』『利休にたずねよ』など、追随を許さぬ独自の世界を持つ”職人”の世界を描かれた作家であろう。

まだ読んでいない作品も是非手にとってみようと思う。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-21 23:55 | メディア | Comments(0)
2014年 02月 20日

ブラウンBNC004

d0245357_22495114.jpg目覚まし時計を子供にとられたままなので、新たに購入した。

選ぶのはもちろんブラウンで、BNC004。

ディートリッヒ・ルブスのデザインである「AB30」に、

声に反応して音を一時的に止めるという、<ヴォイスコントロール>がついたもの。

声を出すことで体を目覚めさせるというコンセプトが面白い。

でもやっぱりボタンで止めてしまいますが・・・。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-20 23:55 | デザイン | Comments(0)
2014年 02月 19日

都市のスリット

d0245357_22444855.jpg都市における道は、風景を垂直に切り取るスリットである。

切り取られたシーンが、こちらの世界とは異なるものであればあるほど面白い。

都市において単体の建築の在り様を考える時、この視点は重要なものであろう。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-02-19 23:55 | 都市 | Comments(0)