丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

Tシャツ煙突

d0245357_22195229.jpgあまり見かけないTシャツのようなかたちの煙突

錆具合や塗装のはがれ具合が、外壁のトタンの錆と相俟って、シブい味わいを出している。

アノニマスな世界の面白さである。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-31 23:55 | 風景 | Comments(0)
2014年 01月 30日

冬の必需品

d0245357_20503263.jpgこれまで使っていたモルソーの含水率計が壊れたので、急ぎ二代目としてファイヤーサイドのものを購入した。

冬の必需品である。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-30 23:55 | 薪ストーブ | Comments(0)
2014年 01月 29日

境界が融解する時間

d0245357_20465629.jpg葉っぱの模様が打ち抜かれたパンチングメタルのファサードに落ちる樹木の影と、その影を落とす枝。

虚実の境界が融解する瞬間。

スフェラビルにて。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-29 23:55 | 風景 | Comments(0)
2014年 01月 28日

町家空間

d0245357_1593371.jpg昨日のWSのミーティングがてら見学した、KITの京町家連携キャンパス「ににぎ」

大きな町家で、おくどさんや井戸もある吹き抜けの土間が健在である。

座敷や庭とともに、町家の空間を体感できる。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-28 23:55 | 建築 | Comments(0)
2014年 01月 27日

FACMU+KMUTT+KIT WS

d0245357_1552266.jpgタイのチェンマイ大学、キングモンクート工科大学とKITとの合同ワークショップが始まった。

フランスやドイツ、デンマークからの留学生も入った混成チームで行う1週間のワークショップである。

祇園新橋に敷地を設定して、プログラムとデザインを展開する。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-27 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 01月 26日

アンプ

d0245357_1155238.jpg30年来使っていたアンプが壊れた・・・。

音楽が無いのも寂しいので、新たにプリメインアンプ(ヤマハA-S300)を購入。

ちなみにスピーカーは、10年ほど使っている加藤晴之さんの紙筒スピーカー。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-26 23:55 | くらし | Comments(0)
2014年 01月 25日

紅梅町の家・サッシュ取付

d0245357_1133355.jpg「紅梅町の家」現場状況(140125)より。

躯体コンクリートがあがり、サッシュの取り付けが始まっている。

サッシュは断熱性の高い樹脂サッシュを採用している。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-25 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 01月 24日

御陵の家・外壁サイディング

d0245357_1103613.jpg「御陵の家」現場状況(140124)より。

外壁のサイディングがほぼ貼りあがってきている。

この上にジュラクリシンを吹き付ける。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-24 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 01月 23日

氷のザハ・ハディド

d0245357_319448.jpg水たまりに見つけた氷。

立体的に凍っていて、内部空間が存在している。

今何かと話題のザハの新国立競技場案みたい。

自然は面白い。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-23 23:55 | 風景 | Comments(0)
2014年 01月 22日

『 海賊とよばれた男 』

d0245357_352452.jpg「永遠の0から」百田さんつながりだが、読み進めていた『海賊とよばれた男』上下巻を読了。

出光興産店主、出光佐三をモデルとして、史実に基づいた小説である。

出光佐三は村野藤吾のクライアントでもあり、出光の迎賓館として建てられた「松寿荘」は、出光店主の思い入れの深い作品であった。

残念ながら既に現存しないが、やはり出光店主なればこその建築だったのだと思う。

このようにスケールが大きく無私の心を持った人物は、もう現れない時代なのかもしれないと、ふと思う。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2014-01-22 23:55 | | Comments(0)