丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

雪と太陽

d0245357_093727.jpg雪の舞う空

落ちれば融けて消えてしまう小さな雪のひとひらが、集まることで太陽の輪郭を曖昧にしている。

当たり前だけど、不思議な現象。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-28 23:55 | 風景 | Comments(0)
2013年 02月 27日

地下外壁防水

d0245357_0352366.jpg「桂の集合住居」現場状況(130225)より。

地下の掘削と捨てコンクリートまで完了し、地下外壁のための防水工事が始まった。

横矢板の上に、先付け工法でアスファルト防水を吹き付けているところ。

これを外側の型枠として、地階の外壁を打設する。

水の多い地域なので、入念に行っている。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-27 00:39 | 仕事 | Comments(0)
2013年 02月 26日

京都会館の現在 130225

d0245357_0183814.jpgディプロマ展に行った折に、問題の京都会館の改修現場を見て衝撃を受けた。

話には聞いていたが、無残な感じになっていた。

新しく出来上がるものが、再びこの場所で風景となるには、どれだけの時間が必要なのだろうか・・・。

現場の仮囲いのパンチングメタル越しに切りとった「現在」は、うつろな空気を湛えていた。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-26 00:25 | 建築 | Comments(0)
2013年 02月 25日

Diploma × KYOTO '13

d0245357_033342.jpg関西の大学生有志による合同卒業制作展「Diploma×KYOTO ’13」をのぞいた。

ウチの研究室も3名が出品している。

テーマやプレゼンテーションなどに、それぞれの大学の特徴が現れているとともに、数年前に比べて造形的な作品が少しは増えてきたように感じた。

話だけではなく、やはり建築はそのものが面白くないといけない。

今後の指導について、いろいろと考えさせられることが多かった。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-25 23:55 | ギャラリー | Comments(0)
2013年 02月 24日

ロベール・ドアノー展

d0245357_23533324.jpgずっと行きたかった「生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー」に、最終日に滑り込みで行ってきた。

とにかく、写真がかっこよすぎます。

ブレッソンほどの、いわゆる「決定的瞬間」ではないのですが、構図の中の人物の配置やバランス、暗喩にとんだ構成など、見飽きることがありません。

内気であったというドアノー、パリの郊外や庶民の暮らしを愛し、自らを芸術家ではないと言い切るその人間性も興味深いです。

仲のよかった木村伊兵衛ともども、好きな写真家の一人です。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-24 23:55 | ギャラリー | Comments(0)
2013年 02月 23日

SALOMON SHORT KART120

d0245357_2304376.jpg新しい板を買ってしまった・・・。

SALOMON SHORT KART120

125cmのショートスキーです。

いろいろと読んでいると、今使っているビンディングが外れないファンスキーがどうにも怖くなり、買ってしまいました。

どんな感じか、早く滑ってみたい・・・。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-23 23:06 | くらし | Comments(0)
2013年 02月 22日

『 手の痕跡 』

d0245357_22403559.jpg2011年に逝去された建築家・伊丹潤さんのスケッチ集

白井晟一を敬愛し、伝統とモダニズムの融合を目指した氏の、濃厚に沈んだ、或いは軽やかに走るような、様々なタッチのスケッチやハンドドローイングの数々は、まさに建築家の「手の痕跡」である。

「最初からは、私にはすべて見えてこない。
イメージとドローイングの繰り返しの中で、妙に主張をもった形状が現れてくる。」

心に沁みる刺激的な数々の言葉が、ドローイングに迫力と説得力を添えている。











伊丹潤 著
TOTO出版
2012年
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-22 22:39 | | Comments(0)
2013年 02月 21日

『 FLAT HOUSE LIFE 』

d0245357_21505292.jpg臥せっている間に、布団の中で以前買ったまま読めずにいた『フラットライフ』の1と2を読破しました。

平屋生活ブームの仕掛け人的な感じの本書ですが、それぞれの家が個性に溢れており、住まわれている方の愛着がひしひしと感じられて、とてもワクワクする気持ちになります。

きれいにデザインされた住まいの、その整い具合自体が記号化され、既にステレオタイプと化している現在において、住まい手それぞれの暮らしのソフトとハードが一体となったこれらの住宅は、設計をする我々にとっても非常に刺激的です。

とても好きな本です。








アラタ・クールハンド 著
中央公論新社
2009年
2012年
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-21 22:14 | | Comments(0)
2013年 02月 20日

タミフル

d0245357_21455257.jpg火曜日の午後から急激に体調が悪化し、お医者さんに行くとインフルエンザA型+溶連菌と診断された。

と言うわけで、空白の一日。

薬を飲んでひたすら眠る。

少し体調が戻ってこれを書いている今は、実は21日の夜です。

打合せにも出られず、心苦しい・・・。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-20 23:55 | くらし | Comments(0)
2013年 02月 19日

二つのドア

d0245357_21401245.jpgウチの薪ストーブ「エンライト」には二つのドアがあります。

フロントドアとサイドドアです。

長い薪を入れる時や、薪の組み方によってはサイドドアも使いますが、私は普段は殆どフロントドアを使っています。

でも二つあるのと無いのとでは、使い勝手がかなり変わると思います。

サイドドアのあるタイプは、ストーブをレイアウトする時に、サイドドアがどちら側にあるかに注意が必要です。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2013-02-19 23:55 | 薪ストーブ | Comments(0)