丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 31日

夏が過ぎ・・・。

d0245357_1291574.jpg今日で8月も終わり。

ラジオでは井上陽水の「少年時代」が流れている。

昼間はまだまだ厳しい暑さが続いているが、

夜が更けて窓から入る風と、時折聞こえてくる虫の声に

ほんの少しだけ秋の気配を感じるのです・・・。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-31 23:55 | 風景 | Comments(0)
2012年 08月 30日

アンビバレンツな文字

d0245357_0542334.jpg「水」で書かれた「火」という文字

正反対の素材の融合が惹き起こすイメージのゆらぎ


正体は、ペットボトルの底に付いていた水の跡でした。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-30 23:55 | 風景 | Comments(0)
2012年 08月 29日

原寸で見えること

d0245357_201569.jpg「パティスリーK」現場状況(120829)より。

床に描かれた、円形のエントランス部分の原寸検討図

1/1で描かれた図面は、これ以上ないほどに分かりやすい。

複雑に思える情報も、原寸で描くという行為を通して単純化され、同時に様々なことが分かってくる。


















d0245357_202741.jpgその部分の架構
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-29 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2012年 08月 28日

ゴーヤゲート

d0245357_0422842.jpg庭のゴーヤを横へ誘導して、デッキへのゲートとなるように目論んでみました。

なかなかいい感じに伸びてきて、室内からもトロピカルな雰囲気を味わっています。

それにしても、手探りでどこへでも蔓を延ばしていく植物の生命力は凄いです。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-28 23:55 | | Comments(0)
2012年 08月 27日

”熟成”する建築

d0245357_012156.jpg上京区にある澤井醤油本店の二度熟成醤油

味もさることながら瓶もきれいで、おいしく、楽しく頂いています。






















d0245357_013844.jpgお店はいわゆる伝統的な京町家で、これまたいい味出しておられます。
HPに書かれていますが、”建物自体に麹菌が住んでいる”ということで、
もはや建築が、醤油のための熟成された素材の一つになっているのがすごいです。
確かに、入ったとたんに醤油のいい香りに包まれます。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-27 23:55 | 建築 | Comments(0)
2012年 08月 26日

『 無所属の時間で生きる 』

d0245357_1003733.jpg好きな作家の一人である城山三郎のエッセイ。

人は誰しも何らかの組織やコミュニティに属しながら、いろんな顔を持って生きざるを得ないが、

何にも属さない「無所属の時間」に立ち返ることで、

ただ、ひとりの人間としての自分と、その生き方を見つめ直すことが重要であろう。

勘違いしないために。











城山三郎 著
新潮文庫
2009年(初出)
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-26 09:00 | | Comments(0)
2012年 08月 25日

大地に近く

d0245357_9521332.jpg以前から欲しかったコールマンのフォールディングチェアを買いました。

地面から28cmという座面の低さと、手摺に木が用いられているところが気に入っています。

アウトドアでは、重心を下げて大地に近づくことが心地好いと思うのです。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-25 23:55 | デザイン | Comments(0)
2012年 08月 24日

静かな力強さ

d0245357_18335.jpg「パティスリーK」現場状況(120824)より。

店舗部分の大きな空間を構成する、トラスと登り梁が架かった。

ダイナミックで迫力のある構造体であるが、出来上がればそれほど激しく主張せず、静かに力強さを感じさせるものとなることを意図している。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-24 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2012年 08月 23日

組合わせの妙

d0245357_135110.jpg賢島つながりで。

村野藤吾設計の「志摩観光ホテル・本館」(1969)和室宿泊室にあるスタンド。

板の上に行灯が載せられており、それをガードするかのように細いスチールの棒が回っている。

木・紙・鉄という三つの素材が、それぞれの特性を生かして美しいプロポーションで組み合わされており、凛とした雰囲気を漂わせていた。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-23 23:55 | デザイン | Comments(0)
2012年 08月 22日

「賢島ミキハウス荘」その後

d0245357_22284997.jpg竹中工務店時代に設計した「賢島ミキハウス荘」(1997)。
http://homepage2.nifty.com/ATELIERK/mikihous.htm

先日伊勢方面に旅行した時に、少し足を延ばして”元気にしているか”どうかを見に行った。

懐かしい友達(いや、子供?)に久しぶりに会う気分。

草屋根は、道路から見える範囲では半分位が少し元気が無かったが、杉小巾板型枠で打ったコンクリートはきれいに保たれていた。

植栽が良く育っていっそう味わいが増していることと、きれいに使われている雰囲気が伝わってきて嬉しかった。
[PR]

by ATELIER-K_98 | 2012-08-22 22:37 | 仕事 | Comments(0)