丸眼鏡の日常

atelierk98.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仕事( 463 )


2017年 12月 03日

スイスへ

d0245357_23464843.jpg

今日から一週間はスイスへ出張

チューリッヒに入りました。

スイスにはなんと初めて足を踏み入れます。

やはりいろんなところが丁寧にデザインされていてシブいです。(^^)

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-12-03 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 29日

修士設計中間講評 171129

d0245357_12330872.jpg

今日は修士設計の中間講評

思考の迷路に迷い込むと何のための建築なのか、なぜそのような形なのか、といった素朴な疑問が見えなくなるのが問題ですな・・・。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-29 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 28日

見積回送

d0245357_12275409.jpg

西賀茂の家・F邸の見積図を回送。

まとまった出張があってバタバタです・・。(^^;



[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-28 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 25日

KIPAコンペ表彰式

d0245357_19200653.jpg

関西インテリプランナー協会主催のアイデアコンペの表彰式があった。

私も審査員だったのだが、諸事情で審査には参加できず・・・。(^^;

ゼミのS口君とK藤君、入選おめでとう!

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-25 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 18日

修士設計コンセプトマッチ2017

d0245357_13143932.jpg

今日は今年で3回目となる京都造形大での修士設計の合同中間講評会

今年は京造大、京大、立命館大、神大、名工大、東京理科大、慶応大、東北大、そして工繊大から計22名の参加

学生同士のディスカッションや、先生方からのコメントも頂けて、この時期に有意義な機会だと思う。

本学から参加のK藤君とN島さん、お疲れ様でした。



[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-18 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 17日

産学連携コンペ講評会 171117

d0245357_13061847.jpg

今日はS水建設さんとの産学連携による学内コンペの公開審査会

今年はテーマが難しかったか、提案はやや低調。(^^;

テーマに沿ってコンテクストを重視するのか、建築の自律性を優先するのか、作品の総合的な完成度や説得力によりそのプライオリティが変化するのが、コンペの難しくも面白いところか。

みなさんお疲れ様でした。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-17 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 14日

はよ設計せい。

d0245357_12405034.jpg

朝関空に到着したその足で、恒例の大工大F原ゼミと武庫女Y田ゼミとの合同卒計中間講評会へ。

提出への残された時間は刻々と無くなっている。

早く設計してほしい・・・。

ところで大工大の新しいキャンパスビルはなかなかすごい。

オフィスの様で、就職後の環境への学生の対応も変わるように感じた。

両先生とゲストジュリーのT中のO平さん、段取りお世話になりました。




[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-14 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 13日

帰国日

d0245357_12474863.jpg

今日のルフトハンザの便で帰国

飛行機は空いている。

離陸後、遠くにフランクフルトの町が見えてます。



[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-13 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 10日

Final presentation 171110

d0245357_19175496.jpg

いよいよ今日は最終講評。

ゲストジュリーもベルサイユ建築大からDヴィッド先生、Aン先生、ケルン大のFビアン先生など、多くの先生が参加。

各チームとも異なる方向性でまとめており、一定の成果品を提出。

中には空中分解したところもありましたが・・。(^^;

多様な読み方ができる場所なので、そのコンテクストを読むだけでも何かは作れてしまうのだが、そこが危険なところで、もう一段の面白さを生むためには、コンテクストを踏まえた上での独自のストーリー設定が必要なのだ。

ともあれ、みなさんお疲れ様でした!

そしてケルンの先生方にも大変お世話になり有難うございました!

工繊大院生たちは、修士設計に向けてとんぼ返りとのこと。(*_*;

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-10 23:55 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 09日

なやみつつ。

d0245357_19094307.jpg

今日の朝にケルンへ戻る。

学生たちの作業はぼちぼちの進捗。

ケルンのKリス先生、Sザンナ先生とも議論しながら設計は進む。

明日は最終講評。

[PR]

by ATELIER-K_98 | 2017-11-09 23:55 | 仕事 | Comments(0)